三都

芝生を物語る、店長のガーデニング奮闘記は如何でしょうか

お久しぶりです。
と、言うようなリピーターがいらっしゃるかどうかは
おいておいてください。

最近はすこぶる順調だと思ってください。
僕は元気です。

お店も元気です。


秋も進み、もうすぐ冬が訪れます。
これから通例ですと、芝は休眠して色を失います。

ですがそれは日本芝などの暖地型芝のお話。

当店のプチロールターフに使われているケンタッキーブルーグラスのように、寒地型芝芝がこれからも元気に緑を保ち続けます。

寒地型だからと言って、冬に生長旺盛なわけではありません。
寒地型は主に春・秋の気候に生長し、夏と冬を越します。
冬は生長も鈍り、ほぼとまります。ただし、緑は失いません。

それだけの事です。

あとうちの店で言えばダイカンドラのマットが冬でも緑です。
こちらは半日陰でも育つので、いろんな所に使えますよ。

さて。実は私、こちらでブログのようなものを書いておりますが、
新たに、正式な店長ブログを開設いたしました。

題して、「芝生物語~ガーデニング奮闘記~

駄文ですが、そちらで実際にプチロールターフを使って芝生ガーデニング
を楽しんでおります。ゆくゆくは、イワダレソウやダイカンドラも一緒にできればいいなぁと思っているんですが、そちらはおいおい。


では今日はこの辺で。

お庭やマンションのベランダに、天然芝でガーデニングをしませんか?
屋上緑化にも最適なカーペット状の芝生マットもございます。
http://eco-square.jp/

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.su-mart.jp/mt/mt-tb.cgi/872

ページの上部へ