LIFESTYLE

子供用椅子を塗り替える

幼い頃に使っていた椅子。もう使えないけれど、色を塗り替えてインテリア用椅子にすることに挑戦!

diy01-01.jpg

お店のメニュー看板やガーデニング、そしてご家庭での伝言板に最適な黒板塗料。DIYで簡単黒板を作ってみませんか?

-------------------------------------
≪いるもの≫
-------------------------------------

diy01-02.jpg

*材料
Hipエッグシェル・ストラタベージュ
Hipエッグシェル・コーラルファンタジー
*道具
・マスキングテープ ・刷毛
・ペイント用カップ ・サンドペーパー
・雑巾

*時間
5時間(乾燥時間のぞく)
*費用
3,150円~

-------------------------------------
≪プロセス≫
-------------------------------------

diy01-03.jpg 01:サンドペーパーをかける
サンドペーパーをかけて、塗料の密着がよくなるように下地調整をします。手を抜かずにしっかりとやることで塗りの仕上がりがよくなります。表面のツヤが消える程度が、サンドペーパーがけの目安です。

diy01-04.jpg:::ポイント:::
研ぎくずはしっかり絞った雑巾でふき取りましょう。

diy02-05.jpg

02:プライマーで下塗りする
壁などを塗るときは、プライマーで下塗りすると塗料の密着が良くなり色ムラなく仕上がります。木部はサンドペーパー研ぎで密着度が上がるので、今回はペンキのはげやすい金属部分にのみプライマーを塗りました。


diy01-04.jpg :::ポイント:::
プライマーを塗る付近で、色を付けたくないところがあれば、マスキングテープでしっかり養生しておきましょう。

diy01-05.jpg

03:ペンキを塗る1
今回は2色を塗り分けます。2色以上で塗り分けるときは、はじめに薄い色から塗り始めます。
そうすることで、多少ペンキがはみ出ても後から塗る色が濃いので見えなくなるのです!

 

diy01-06.jpg :::ポイント:::
ペンキは、使用する量をペイントカップに移して使います。無駄がないだけでなく、ペンキ缶をきれいに保つためにも。

04:2色目を塗る準備
1色目が乾いたら、2色目を塗る準備です。まずは、すでに塗った部分をマスキングテープでおおいます。

diy01-07.jpg diy01-07.jpg diy01-07.jpg
diy01-08.jpg

05:ペンキを塗る2
マスキングした部分はそーっと注意しながら、丁寧に2色目を塗ります。裏側も忘れずに!
きれいに仕上げるためには、2度塗りが基本。

 

diy01-08.jpg:::ポイント:::
テープ付近はそーっと!!

diy01-08.jpg

06:マスキングをはがします
1日かけて、あせらずゆっくりと乾かしました。
ちゃんときれいに塗れているかドキドキ!ゆっくりゆっくりはがします。

 

diy01-08.jpg はじめにマスキングした部分も、ペンキが入り込むことなくきれいに仕上がりました。

diy01-09.jpg 07:完成!
2色を塗り分けて、椅子が生まれ変わりました!色の境目もくっきり、きれいに仕上がっています。今回は、Hipエッグシェル(二分ツヤ・低光沢タイプ)の、ストラタベージュコーラルファンタジーの桃色2色を使いました。
「ホームセンターでは気に入る色がない…」とお悩み方は、Hipのおすすめ20色からお好みの色を見つけてみては?!

コンテンツ提供先:ルームキット

ルームキット

ページの上部へ