イベント情報

イベント情報一覧

イベントによっては、事前予約や招待状が必要な場合などがございますので、内容をご確認のうえ、ご参加ください。

日時09/04(土)~11/18(木) 10:00~17:00 ※毎週水曜日休館
タイトル INAXギャラリー大阪企画展 「植物化石 -5億年の記憶-」
開催場所INAXギャラリー大阪
主催者株式会社INAX 協力:大阪市立自然史博物館
事前予約不要 
内容

地球が誕生して46億年。
生命が海から上陸したのは、その歴史から見ればごく最近にあたる4億7千万年前のことです。
動物に先駆けて陸へ上がった原始植物は、最初は茎と葉の区別もありませんでした。
その後、植物たちは地上の乾燥に耐えながら、長い時間をかけて進化を遂げ、
現在の姿へと発展していきます。
その過程を知る手がかりとなるのが、化石となった植物です。
そして、それらの化石からはかつての地球の姿を想像することもできます。

本展では、植物化石を通し、圧倒的な進化の力と、
その過程で生み出されてきたかたちの神秘の美しさに迫ります。
絶滅した植物が生きているような姿で見られる葉・果実の圧縮化石、
地層の表面に輪郭や葉脈の跡だけが繊細に残った印象化石、
樹液が化石化した琥珀など成分が変質した鉱化化石といった多様なかたちで残る植物化石は、
研究資料としても視覚的にも大きな魅力をもっています。

同時に、南方熊楠、牧野富太郎と並んで日本の昭和初期を代表する植物学者であり、
生きている化石と呼ばれる植物、メタセコイアの研究で
世界的な評価を得た古植物学者でもある三木茂(1901~1974)の仕事を紹介します。
新種の発見以前に、メタセコイアを化石から新種であるとつきとめた三木は、
長年の研究で膨大なプレパラート標本や液浸標本、記録やスケッチ類を残しています。
その一部を公開、研究者のあくなき探究心と鋭い観察眼の痕跡をご覧いただきます。

2010_03shokubutsukaseki_m.jpg
【会期】 9月4日(土)~11月18日(木) 休館日:水曜日
【会場】 INAXギャラリー大阪

【講演会】
☆「化石は語る、古植物発見のドラマ」
講 師: 塚腰実(大阪市立自然史博物館学芸員)
日 時: 10月15日(金)  18:30~20:00
会 場: INAX大阪ショールームイベントスペース
参加費: 無料
※要申し込み(先着順)
参加ご希望の方はあらかじめお電話かFAX、またはeメールxbn@i2.inax.co.jpにてお申込ください。

【お問い合わせ先】
INAX ギャラリー大阪 (INAX大阪ショールーム内)
TEL:06-6733-1790 FAX:06-6733-1791

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.su-mart.jp/mt/mt-tb.cgi/940

« 一覧へ

ページの上部へ